手づくりの住まいづくりを

暮らす人の生活や、生き方にふさわしい「間取りの工夫」をすることにより、
住むほどに暮らしやすく、設計の良さが伝わるような手づくりの「住まいづくり」を心がけています

設計の過程を大切に

建て主(家族)からの、どういう「住まい」にしたいか、どう暮らしたいかという要望をもとに、下地になる間取り図を提案し、打合せをします。
そしてその案での課題や未解決部分の整理を深めて、次の提案では、家族の住まいへの夢や想いが十分に生かされ理解が深まるようにします。
どのような「住まい」にするか、空間や、性能そして材料は・・・など、過去の実例や参考例、パースなども加えて説明をし、知りたいことやこうしたいことなど、ひとつひとつの対話を積み重ね、
建て主が納得できる「住まい」のかたち(設計図)にたどりつくようにします。