1.初めに

  • 総予算を、土地代、建物、経費などに配分し、資金計画をたてます。

2.土地選び

  • 《土地を選び売買契約をし登記する》 に協力します。

3.設計

  • 基本設計
    建て主の要望・予算・土地環境・法的規制などの条件を最大限生かし、住まいの基本となるかたちを決める作業です。
  • 実施設計
    見積りや工事があいまいにならないように詳細な設計図書に仕上げていきます。

4.見積り

  • 施工者の見積りをチェックし、値引き交渉をし 契約に至る協力をします。
  • 《建築確認申請等法的手続き》 を建て主の代理人として行ないます。

5.工事監理

  • 設計図書に基づき工事が適正か監理します。
  • 建主と現場確認したり、材料の色決めをします。

6.完成

  • 《工事完了による申請・検査》 の代理業務を行い、建主の引渡し検査に立ち会います。
  • 《引渡しを受けて登記をする》 の協力をします。

7.住む

  • 完成後の保守(メンテナンス)に設計監理者としてしっかりかかわります

《OOO》 部分は建て主(依頼主)の代理業務として行います。