感想:「住めば住むほど良い家になると確信しています」

2013年12月24日、記念すべき日でした。
新居がいよいよ引き渡しとなり ここが「我が家かぁ。」とまだ実感が湧かず、只「ここに住めるのかぁ。」 と、とても嬉しい気持ちになりました。

最高のクリスマスプレゼントでした。 この日を迎えるまで、本当に長い長い道のりでした。柏木さんには2年ほど前 お話しを伺がったり、設計の提案を頂いたり、住宅を建てるにあたっての 手続きの相談から届出の付き添いまで、本当に長い間お世話になりました。 右も左もわからない私達にお付き合いくださった事を本当に感謝しています。 ありがとうございました。

私達がなぜ柏木さんに住まいづくりをお願いしたかというと「この方なら《私達の家》を形にしてくれる」と思ったからです。
まず柏木さんのお話を始めて聞いたときの 家への形=想いがとても心に入りました。そんなお話をしてくれる人は どこのハウスメーカーに行ってもいませんでした。
住宅への想いは人それぞれ、住めればそれで良しと考える人、 とことんこだわりたい人もいる。私達は、後者でした。 何度となく繰り返された打ち合わせ・・・考えを伝え、持ち帰って頂き 更なる提案・・・。

そうして少しずつ形になっていった様に思います。ハウスメーカーでは出来ない 本当の手作り住宅です。大工さんはじめ沢山の業者の方が 関わって、この家を建てている・・・その事をすぐそばで毎日ワクワクした 気持ちで見ていました。
大工さんが木を打つ音が心地よく耳に響く日は本当に 「手で作ってもらっているんだ」と実感しました。 住んでいる今も、家中どこにいても、柏木さん、業者さんと一緒に 家作りをしていた日々を思い出します。

外観は見て楽しく、来る人来る人「どんな家だろう」と興味深々 です。中の木のぬくもりは本当に心地よく、目、鼻、肌・・・五感全てで 癒しを感じています。 子供達は朝くつ下を履かせてもいつの間にか裸足です。 くつ下がその辺にポイポイ投げ捨ててある有様です。 家というのは、温かく安全でのびのびできるもの・・子供達が一番 わかっているようです。

(もともと冷え性な私にとって素足で 歩いていてもヒヤッとしない事が最高です)
間取りも使い勝手がよく飽きの来ないシンプルさが気に入っています。 薪ストーブの火は心も体も温まります。 子供達は「アッチ!アッチ!」と珍しがりおどけて見せたりします。
この家は、この先何十年と私達と共に年を重ねていく、そして 住めば住むほど良い家になる・・・
そう確信しています。( 2013年12月30日建て主S様)

実績の紹介「 住宅Ⅰ:草原の家でのびやかな暮らしを・・・ 」もご覧ください