感想:「これから住むほどに馴染んでくるでしょうね」

気持ちが安らぐ家だと思います。 梁や壁、窓から見えるポーチ周辺など、我が家を眺めつつ満足感にひたっているところです。 「いや~いいね~。」と何度言ったかわかりません。子どもたちはお風呂が気に入ったようで「S家温泉!」と言って喜んでいます。「どこにいても家族の気配が感じられるように。」と要望しました。そのことも見事にかなっています。

特に、2階で遊んでいる子どもたちのようすが1階にいても感じられるのがすごく良いなぁと私は思っています。 時々「うるさいな~。」と思うこともあるのですが・・・(笑) 一人さみしくキッチンに立つのではなく、家族のようすを感じながら家事ができます。子どもたちも2階からでも『お母さ~ん。』と話しかけてきたり、お互いにその存在を確かめながら安心して過ごしています。 分離発注については、他と比べるほどの経験がないため、その良さがよくわからないというのが正直な意見です。しかし、自分の家を建てるのに、こんなに多くの方の手がかかっていて、 こんなふうに進んでいくのだということがわかりました。

家づくりの過程がきちんと見えるというのは安心して住めるということにつながっていると思います。一つ一つ手づくりで、自分たちのためだけに建てられたと思うと最高の贅沢です。 当たり前のことですが、大事に住もうと思います。

私たちの家づくりに関わっていただいたみなさんに感謝しています。 ただ、一括して支払うのではなく、各会社に請求された金額を振り込まなければならないのが、手間といえば手間かもしれません。 子どもたちは大工仕事を目の当たりにして、「すごい!」と感激していました。家が確実にできあがっていく様子を見ていた時期は、夢が膨らみ、本当に楽しい時間でした。

生活建築設計室のパンフレットを見て「いいな~。」と思いつつもちょっと敷居が高い感じがしました。思い切って電話をして本当に良かったと思います。限られた予算で満足できる家ができたのは、柏木さんのおかげです。素人にはわからない細部にまでこだわっていただきました。 住んでみて、よくわかりました。ありがとうございました。

この家で子どもたちがどんなふうに成長していくのかが楽しみです。 子どもたちの成長に伴って、また、ご相談することもあるかと思いますが、 今後ともどうぞよろしくお願いします。
(Sさん)

私は、当初ハウスメーカーでと考えていました。 ご縁があって、柏木さんに初めてお会いしたときに「見えないところをしっかりと作る」「建て主さんのことを第一に考える」という家づくりの基本姿勢を伺って、設計をお願いしようと決めました。

もしかしたら、ハウスメーカーの人も同じことを言うかもしれませんが、お話していて「この方にお願いしたら間違いないな。」と思ったのです。

「うそがない。」そう感じました。これは相性なのかもしれませんね。
住んでみて1ヶ月ほどになりますが、何年も過ごした家のように落ち着く家です。
「しっくりくる」そんな感じです。家の引越しのときに、柏木さんが「建てる喜びから、住む喜びに変わりますよ。」と、おっしゃられたことを実感しています。本当に暮らしやすく心地の良い空間に大満足です。

これは、何度も行った打合せで私たちの要望やライフスタイルを設計に生かしてくださったからだと思います。素人考えで無理な、しかも漠然とした感じのお願いを少しでも設計に反映させようとしてくださり、いくつものプランを提示してくださった提案力に柏木さんに設計をお願いして本当に良かったと思いました。また、提案に、「遊び心」があるのも魅力でしたし、新鮮でした。 (さすがに露天風呂計画を提案された時は驚きました。)

振り返るとこのプラン練りの時間が楽しかったです。家づくりをかんがえる楽しさを存分に味あわせてもらった感じがします。玄関ドアのデザインも大変気に入っています。本当に凝ったつくりになりました。

分離発注方式は、お互いの顔がわかってよかったです。この家は、いろいろな業種の人が関わって、できあがってゆくことを子どもたちにも伝えることができたことも良かったです。また、そのおかげで、限られた予算の中で私たちの思いが十分形にできたと思っています。

住んでみて、不備なところがわかりましたが、施工者がすぐに対応してくれました。家の設計も分離発注方式も「人」が中心で「コミュニケート」が大切というコンセプトが同じで、その軸がぶれない。だから、満足のできる家ができるのだと思っています。
(Sさん)