感想:「家族の夢をぎゅっと詰め込んだ・・・」

建て主と専門業者が個々に契約を交わして、工事を進めるという家づくりが分離発注方式。
それは、コストが安くなるというだけでなく家づくりに携わる方々の顔がみえるという大きな安心感を持つことができました。 そして、できあがった家にくらす今も・・・

壁をぬってくれた方、壁を貼ってくれた方、タイルを一枚一枚はってくれた方々・・・ 等々多くの方のていねいな仕事ぶりを思い出しあったかい気持ちになります。

又、少しでも不安に思ったことがあると、どの業者の方もすぐにとんできてくれるのは、うれしいことです。 「家づくり=かぞくづくり」を根っこに踏まえた家は、 くらすほどに、その良さを実感できます。

家族の夢をいっぱいつめこんだ " 世界にたった1つしかない家 " ・・・・・・ 設計士さんとつくりあげていく作業は終わっていしまうのが、さみしいくらい、楽しいものでした。 少ない資金で、こんなに大満足の家が 建てられるなんて!!
この喜びと感動を、ぜひぜひ多くの方に感じてほしい!!
心から、そうおもいます。(Mさん)