幣舞橋の夕陽「141の光跡」

2009年5月26日

〝世界三大夕陽の一つ〟といわれる幣舞橋からの夕陽(夕焼け夕景)を
この目で確かめようと一年間(2008.4/16~2009.4/15)カメラで追い求めた
石井寿一さん・・・業はお米屋さんです。
学生時代は考古学を学ばれ博識で探究心豊かな人柄ゆえのなせるとりくみでした。

その撮影できた141日分(141景)をパソコンのスライドショーで見ると、
夕陽を背に季節の移ろいや四季の色どり、波や雲の表情の豊かさなど改めて深い感動を味わえます。

そして、間違いなく幣舞橋からの夕陽は、世界一だと!!
6月30日まで石井米穀店(陶庫)にてパソコンモニターでスライドショーを公開しておりますのでご覧下さい。(現在は終了しております)